--:--:--
--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
16:38:45
13

ごはんとおやつ その7

Fujiya1935_2.jpg 
ワタクシ事ながら、毎年7月は
私達の記念日のひとつがあるのです。

それにかこつけて、
いつもちょっとゼイタクなごはんを食べるのですが・・・。

今年は昨年
「ミシュランガイド」で星を獲得した
評判の創作料理

「Fujiya1935」

に行って参りました。


コチラのお店は、シェフのご実家が代々営む

Fujiya1
「洋食屋 ふじ屋」

現在はシェフのお父さんが営んでいる
老舗洋食店が基となっています。



Fujiya2 Fujiya3


Fujiya4
気軽な洋食なのにグレードが高い洋食。
それなのに、値段は決して高くない。

定食もハンバーグも丁寧さが感じられるおいしさ!

この時は夜だったのですが、いっぺんランチに行ってみたい。
でも、ココも日曜・祝日定休
平日になかなか行けないので
機会をうかがっているところです


Fujiya1935_1.jpg
お話は「Fujiya 1935」の方に戻りましょう。

ジャンル的には“スペイン料理”になるらしい

なかなか予約の取りにくいこのお店、
この7月の記念日に合わせて予約していました。



pekori_20120813162932.gif
たくさんの料理の品数ですので
少々長くなっております。

ごめんなさーい!
namida2_20120813145141.jpg

Fujiya1935_4.jpg
入ってすぐに
“ウェイティングルーム”。

私達の少し前に
ひと組のご夫婦がいらっしゃいました。



Fujiya1935_3.jpg
暑い外から入ってきて
ホッとできる冷たい飲み物がサーヴされます。

この時のはミント味のハーブティー。

「山では新緑。」

と始まる季節の言葉とメニューが書かれたシートも。
きっとシートの色は季節ごとに変わるのでしょう。


間口自体は狭いお店。

お席は2階にあるので、上に案内されます。

Fujiya1935_5.jpg
ソムリエさんがやってきて

「本日は当店の開店して丁度9年目ですので、
   シェフから皆様にシャンパンのサービスを
させていただきます。」

まー!
ジャストではないけれどウチも記念日、お店も記念日。
奇遇でラッキーだわ~。

・・・っと驚きつつ
ありがた~くいただきました

これがおいしいシャンパンで!
他のワイン類にも早や期待が膨らみます。


さて、お料理が始まりましたよ。

ディナーは、おまかせのコース1種類のみです。


Fujiya1935_6.jpg

「トマトのシャーベットと
発酵させた河内晩柑のスープ」


Fujiya1935_7.jpg
ほっほぅ・・・・・
いきなり、変わったモンが出てきたじゃありませんか。

“河内”なんてつくので関西方面の産かと思ったら
愛媛や熊本が産地なのだそうです。

このスープは席でエスプーマ・スパークリングで
サーヴしてくれます。

この時の写真を撮りたかったわー!
言えばよかったかなぁ・・・
でも、それもなぁ・・・・・。

この柑橘味がトマト味と合う!


Fujiya1935_8.jpg

ポテっと目の前に置かれたこの“板”はなんぞや?


Fujiya1935_10.jpg


これは“取り皿”なのです。

これから出てくるお料理は、2人なので
この写真のごとく、1皿に2つずつのってくる。

食べかけのものも置いておけます。


Fujiya1935_11.jpg
「露の滴が落ちた緑の葉」

なんとまぁ・・・
まるで、オブジェの作品のようなお料理。

滴は飴細工で出来ており
ピスタチオオイルが入っています。

「1口で食べてください。」

との事。
葉っぱは何で出来ているのかを聞いたらば
ポテトチップスにほうれん草の粉末をつけて
出来ているんだそうです。



Fujiya1935_12.jpg
「トリュフのクッキー」

これこれ!
これにも驚かされましたわー


Fujiya1935_14.jpg
とってもおいしそうな“チョコクッキー”に見えますが
違うのですねぇ。

うむ、確かにトリュフの味。
ワインにも良くあうオシャレなおつまみ、
といった感じです。



Fujiya1935_13.jpg Fujiya1935_15.jpg

独創的な盛りつけのお料理はまだまだ続きます。

左:「ピスタチオのマシュマロ」

右:「掘りたての新じゃがいも」

お味も独創的!
新じゃがの下に敷いてある石のように見えるのは
着色した岩塩なんです。
一皿出てくる度に驚きっぱなしで
“へーほー夫婦”になった アタシ達


Fujiya1935_16.jpg

ここまで先程のシャンパンを飲んでおりましたが
そんなモン、1杯で済むはずが・・・(爆

色々飲んでみたいので、グラスでのオーダーをお願いすると

「“ワインセット”がございます。」

なーんと、
スパークリング・白は2杯・赤・自家製リキュールと
5種類もあるのに¥3000!

迷わず注文いたしました。

で、最初のスペインのカヴァで再度カンパイ。

これもおいしい!
そして、この“なみなみ”と注がれたグラスを見よ!

先に言ってしまうけど、5種類全ておいしかった
このセットは大あたり!でした。


Fujiya1935_17.jpg
「気泡をたくさん含ませたとうもろこしのパン」

これまた・・・“ハチの巣”のような個性的な形。


Fujiya1935_18.jpg
これはどうも“シリーズ”のようなものらしく
現在の素材は“トマト”になっています。

優しい甘みが懐かしい味となっています。
言ってみれば“蒸しパン”なのですが
みょ~にこれもオシャレ。


Fujiya1935_9.jpg
そうそう、席に着いた時から気になっていた
カードのこの絵。

ヴィンチェンツォ・カンピ
「リコッタチーズの食べる人々」


カードには
“美味しいものを食べる時の人々の表情は
輝いています”との一文が。
“輝いている”というよりも
“相好崩れっぱなし”といった方がいいかも

と、前置きが長くなりましたが
「気泡をたくさん含ませたとうもろこしのパン」
の上に乗っているのは
“リコッタチーズ”でございます。



Fujiya1935_22.jpg

ところで、厨房は1階のつきあたりにあり
“どうぞ見てください”といわんばかりの
大きなガラス張りとなっています。

私が座った位置からもよく見える。

こちらの料理人の方は女性が多く
それぞれが作った料理をサーヴして説明する、という
ちょっと変わった方法をとってらっしゃいました。


Fujiya1935_21.jpg
フォークの間にナイフを置くのも
私、初めて見るセッティングです。

珍しかったので撮ってしまったのよ。



おっと、お料理、お料理namida2_20120813145141.jpg

Fujiya1935_19.jpg

「鱧 ホオズキ 水茄子とディル」

夏らしいひと皿。
ちょっと和食の雰囲気も漂います。


Fujiya1935_26.jpg

「八尾産の枝豆、空豆、インゲン豆、エンドウ豆、白エビ」

このお料理も大好きな味だったわー。
ちょっと香ばしくって、高級なスナック菓子のよう。

というか、ここまでずっと“前菜”というか
“高級スナック”が続いている感じでした。


Fujiya1935_20.jpg
当然、ワインもすすみます

白は2種類出てくるこの“ワインセット”。
1つ目は、ちょっと微発砲の白ワイン。

スパークリングとは違う微発泡って
おいしいですねぇー
今度、自分でも買ってみよう。


Fujiya1935_24.jpg

さっきは、取り皿だ、という“板”に驚かされましたが
今度のこの“箱”はなんぞや?


Fujiya1935_25.jpg

じゃじゃ~ん!
パン入れだったんだよぉ~!


Fujiya1935_27.jpg
オドロキなのは
“箱”そのものだけではありませんで
この下に敷かれたグレーのプレート。

パンが冷めないように、と
“保温プレート”なのですねぇ。

ひとつひとつが新鮮な驚きのあるお店です。



Fujiya1935_23.jpg
バターも個性的な2種類。

手前;飛騨高山のスモークバターと
奥:茶美豚の背脂。



Fujiya1935_31.jpg Fujiya1935_29.jpg

右:「天然のウナギ 赤玉葱 黄色のパプリカ」

左:「パスタトラットデマーノ 島根県高津川の鮎 ルコラセルバチコのソース」

ここまで書いてきて
ずーっと“魚料理”が主だった事に驚く アタシ

なんでかっというと、“魚嫌い”な私が
実にどのお料理も美味しくいただいているじゃありませんか。

特にこのパスタの方なんて
普段は見た目だけでもう食べないタイプなんだけれど
ちっとも気にせずおいしく頂きました。


Fujiya1935_28.jpg
おサカナですからね、まだまだ“白”がいいです。

白の2杯目はシャルドネ。


Fujiya1935_30.jpg
ウエイティングルームの時に出された
ハーブティーの器といい
この器といい、とても手触りのよい器だったので
気になって撮っておいたのですが
青木良太氏の作品なのだそうです。

印象的な器を創られる方なのですね。



Fujiya1935_33.jpg
お料理も終盤に近づいて参りました。
ワインも“赤”が登場でございます。


Fujiya1935_32.jpg

“赤”は、テンプラニーリョ。

あまりスペイン料理らしいスペイン料理ではない
コチラのお料理ですが
この“ワインセット”のワインは
ちゃんとスペインものが主流です。



Fujiya1935_34.jpg

「9週間熟成させた但馬牛 酢漬けにしたラッキョウ
のこぎり草 シオデ」


ワインに“赤”が来たら、もうおニクよねぇ

おサカナだっておいしく食べることが出来た アタシですが
やっぱり、おニク好き(爆


Fujiya1935_35.jpg
しかしこの“のこぎり草”て!(激爆

雑草のイメージやんか

でも立派な食用でございます。

ちなみに、ラッキョウの上に乗っている葉っぱが
“シオデ”。
コチラもちゃんと食用。


3月の「ごはんとおやつ その4」でも書いたように、但馬牛ですので独特の歯ごたえがあります。
それは決して“固い肉”ではない歯ごたえ。

「大満足!」

Fujiya1935_40.jpg

“ワインセット”のしめくくりは¥自家製リキュール。

細かい事は忘れちゃったんだけれどnamida2_20120813145141.jpg
デザートと共にゆっくり味わっていただきました。
なんせ、リキュール。
慌てて飲むとエライ目に遭います


そのデザート、“今日のおやつ”は、なんと4種類!

Fujiya1935_36.jpg Fujiya1935_39.jpg

左:「桃のコンポート ルバーブ」

右:「石垣島マンゴ 夏苺 安曇ベリー」

フルーツどっさり!
それも珍しいモノが多い。

「記念日、おめでとうございます
という言葉と共にサーヴされた右のお皿には

「Happy Anniversary」

と書かれてあります。

namida2_20120813145141.jpg 「いやー、どうもどうもnamida2_20120813145141.jpg

注文しておきながら、毎度照れてる アタシ達


Fujiya1935_42.jpg Fujiya1935_43.jpg

“おやつ”は、まだまだ続くぞ!

左:「赤い果実のミニドーナツ」

右:「fujiyaのボンボンチョコレート」

チョコレートは今まさに作りたて!

namida2_20120813145141.jpg 「もももも・・・もう、飽和状態ですぅぅぅぅぅ・・・・・」

と言いながら、ペロリと平らげました

ああ、飽食の夫婦。


Fujiya1935_44.jpg
独創的なお料理で
器も現代調のものから
和風テイストだったり
色々あった中、最後の砂糖壷が
みょ~にクラシカルなのが
これまた面白い。

さすがは洋食が元!
という訳ではありませんが
ホラ、なんか、カレールーが入ってそうやんか



Fujiya1935_45.jpg
エスプレッソも香り高く
本当の締めくくりに相応しい。


9月から値段が上がるそうなのですが、これだけの独創的なお料理、
季節が変わったらまたメニューと素材も変わることでしょう、是非、再訪して味わいたいものです。

- 11 Comments

かづちゃん1544">

かづちゃん1544  

いい新しいお店が見つかると嬉しい♪

ゆきっぺちゃん、こんばんは~!v-271

いや~んe-330
ゆきっぺちゃんからもお祝いv-308メッセをいただいて“照れv-281”も最高潮やわ(爆v-18
どうも有難う~!v-318

ゆきっぺちゃんのお察しの通り、“v-20出会った記念日”なのよv-410
kashちゃんの所でも書いたように、“v-20記念日”と称して
最近は特にかこつけるようになりましたv-18

> お客様を喜ばせようというお店の気遣いが
> そこここに溢れてますね~~~v-392

さすがv-424ゆきっぺちゃん、いい所に気づいてるわー!
そうね、本当にそうだと思います。
“作品”を味わうというのか、食べながら話もはずむ料理内容でした。
この内容ならば¥10500の価値があると思うのヨ。
¥13500になったあとの内容を是非確かめてみたいv-391
また何か“v-20記念日”を作らないといけないですね(爆v-18

2012/08/20 (Mon) 00:13 | EDIT | かづちゃん1544さん">REPLY |   
かづちゃん1544">

かづちゃん1544  

ここもおススメ!

kashちゃん、こんばんは~!v-271

なははははe-454e-330
照れちゃうけれどもv-281嬉しいわ~、お祝いメッセv-308どうも有難う~!

こういうキッカケがないとなかなか食事に出かける事がないものだから
記念日だとかこつけて行くのよーv-411

“創作料理”というと見た目は面白いけれど・・・というケースがあるけれど
コチラはお味も勿論v-426でしたよ!
そうそう、それに“ワインセット”!
料理の値段は上がっても、これだけは値上げしないで欲しい、と
心から願っているv-343のです。

2012/08/19 (Sun) 23:51 | EDIT | かづちゃん1544さん">REPLY |   

ゆきっぺ  

いや~ん、おシアワセ♪

かづちゃんv-308アニバーサリーディナーv-271のお披露目どうもありがとうです^^;
いやいや・・・さすがミシュランの星が付いたお店だけあって、見たことないお料理ばっか!!!v-352
お客様を喜ばせようというお店の気遣いが
そこここに溢れてますね~~~v-392
んで!!お値段も立派v-315
二人で食べたら、すんごいやん!!!いや~v-426

記念日って・・・想像するに、やっぱ出会った記念日でしょうかねぇ~~~v-415
おシアワセにv-347

2012/08/19 (Sun) 22:26 | EDIT | REPLY |   

kash  

こんばんは。

かづちゃん、こんばんは。記念日なのですね~♪
おめでとうございます~!
こうやって、ちゃんと記念日を美味しいもので
お祝い出来るってステキですねー!
しかも、こんなに独創的で美味しそうなお料理の数々!
これは、食べてみたいー♪
お店からのサービスも嬉しいし
ワインのセットもお得ですね~!でも、お料理の方は
いいお値段なんですね~。メモメモ♪
でも、記念日だったらこれくらいの
御褒美、いいですよね!

2012/08/19 (Sun) 00:09 | EDIT | REPLY |   
かづちゃん1544">

かづちゃん1544  

他人の評判

美佐ちゃん、こんにちは~!v-271

“素晴らしい記念日”だなんて、ほほほほほe-454e-330照れるわ~v-281
嬉しいメッセージ、有難う~v-318

それに下見眼もちっともすごくないんだよーe-330
いつも結局“食べログ”とか“口コミサイト”の評判で決めてるのよ。
ああいうのは、総合してから判断すると、ワリとはずれないものだ、と
最近思うのv-426

そして、私も初めてv-116なのよ~!
こんな“ワインセット”!
しかも、こんなにリーズナブルで内容の高いワインセットは
なかなかないらしいワ。
ワイン専門店のワインセットだと、“0”がひとつ多い価格らしい・・・v-12

1つ1つのお料理がパーツでコース全体が終わったあとに
1つの作品を見るような感じのコースでした。
ちょっとアートを見る雰囲気漂うお料理、というのかしら。

私が食べた時は¥10500で、これにサービス料が8%加算されるしくみだったけれど
¥13500くらいに値上がりするのね。
同じ内容で値段だけが上がったとしたら、差額の¥3000は何ぞや?v-403になるし
それを確かめるためにも、もういっぺん行ってみたいわー。
そうそう、“ワインセット”は値上がりしないのかも聞いとかなきゃねv-411

2012/08/14 (Tue) 15:13 | EDIT | かづちゃん1544さん">REPLY |   
かづちゃん1544">

かづちゃん1544  

お祝いの言葉は宝物です

小鞠ちゃん、まぁまぁe-330お祝いv-308メッセを書きにいらしてくださったのですか。
ご丁寧に有難うv-318ございますー!

こうしてメッセージを寄せて下さる事に感謝してv-318
ちゃんと2人仲良くv-527v-525元気で過ごしていかにゃならん、と
最近益々そう思うのですわ。

それにはまずv-372おいしものを食べて・・・と、結局そこに来るのが
色気のないところです(爆v-18

2012/08/14 (Tue) 15:00 | EDIT | かづちゃん1544さん">REPLY |   

美佐  

素晴らしい記念日

いや〜んv-344 ワインセットv-426
こんなセットってあるのですね。
姉さんちでも小鞠ちゃんちでも初めて見たような・・・・

それにしてもお料理がどんどこ出て来たv-428って感じ。
葉っぱの上の雫・・・虫かいな、と思った私はバカですねv-406
しかし 面白いですね〜 
姉さんとひろんちゃん兄さんが「へ〜ほ〜」と言うのが
よくわかりますv-424 
私も画面に向かって「へ〜」の連発やしv-314

姉さんの下見眼は凄いね、いつも。
今度はここ、これも頭に、次あたりは・・・・なんて
いろんな情報が満載だもんね。
こうやってちゃ〜んと整理してるのが生きてるよねv-426
ところで お高い?

2012/08/14 (Tue) 10:40 | EDIT | REPLY |   

小鞠  

再度(*。*);

かづちゃんv-254おはよーございますv-279

素敵なお料理に目を奪われて、お祝いv-314
すっかり忘れておりましたv-435

素敵な記念日v-339おめでとうございますv-432

出会いが無ければ何も始まりませんもの、大事な記念日v-354です。
今でもそれをお祝いする御二人v-434はやっぱラブラブだわーv-343

2012/08/14 (Tue) 07:26 | EDIT | REPLY |   
かづちゃん1544">

かづちゃん1544  

おススメのセット

小鞠ちゃん、こんばんは~!v-323e-44

小鞠ちゃんにコチラのお店での一番のおススメは
なんといっても“ワインセット”です!
どれもみんな、よくセレクトしてあるなぁって思いましたよーv-392

お料理もすごい品数でしょう?
そのひとつひとつが驚きの連続e-451なので、見ているだけでも面白いです。

本文にも書きましたが、9月から値段が上がるv-162んです。
しかし、いっぺんご一緒v-441いたしましょうね。
1~3ヶ月待ちくらいのお店ですので、行くとなったら予約しなくちゃ。

2012/08/14 (Tue) 02:26 | EDIT | かづちゃん1544さん">REPLY |   
かづちゃん1544">

かづちゃん1544  

残暑お見舞い申し上げます!

鍵コメさん、こんばんは~!v-323e-44
ほんと、残暑厳しき折、お元気でらっしゃいますか?

拍手コメント、有難うv-318ございます~!
それに、お祝いv-308メッセまでいただいてしまって。
何回記念日を迎えても、お祝いの言葉をかけていただくのは、とっても嬉しいv-339です!
重ねてv-318v-318有難うございます。

個性的なお店でしょう?
本当はこういうお店って季節ごとにどんな風に変わるのか見てみたいんですが
そうもいかないプライスv-61がツライとこ、ですe-454e-330
洋食屋さんの方もとてもおいしかったので、早いうちに再訪したいんですよv-410

2012/08/14 (Tue) 02:17 | EDIT | かづちゃん1544さん">REPLY |   

小鞠  

ゴージャスぅ~\(^0^)/

かづちゃんv-254こんばんはv-483

なんと盛り沢山な素敵v-352なお料理v-271
昼でも夜でも良いですから是非連れて行って下さいましv-441

しかしかづちゃんv-254としては
たくさん食べましたねv-339
たくさん飲みましたねv-272
それだけ美味しかったって事がよーく分かりますわv-398

やれ行けそれ行け、何時行きますかv-361v-411

2012/08/13 (Mon) 22:30 | EDIT | REPLY |   

Add your comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。