--:--:--
--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
23:14:23
28

ごはんとおやつ その4

今回は先日行った城崎での“ごはんとおやつ”でございます。

城崎はやっぱり

kani.jpg

カニ!


なんですが、もうそれはあまりにアタリマエ。

また城崎に行くと必ず立ち寄る出石は

soba.jpg

皿そば!


ですが、これももう定番中の定番。

この辺りの但馬路、もう一つの名産といえば、但馬牛!
今回はもうひとつグルメを増やして食べる事にいたしました。

gc16.jpg

「グランド シェフ」

コンテナハウスが“ステーキ”という敷居の高さを
取り払ってくれる、フランクな印象です。


gc1.jpg

外側から見るより中に入った方が
広く感じる、明るく落ち着いた店内。


実は予約の時間を大幅に越してしまって・・・
ラストオーダーギリギリの時間になってしまったにもかかわらず
丁寧で落ち着いた対応をして下さる方ばかりでした。

gc2.jpg
「香住港で上がった“アワビ”なんですよ。」

ちゃんと生簀に。

コチラではおニクのダメな人
(例えばfox_01_20120326165131.gifこのヒトみたいな・爆)には
新鮮なシーフードも用意されているのです。



しかし、アワビは“¥4000から”!
さすがにちょっと手が出ませんnamida2_20120326165132.jpg

私達はステーキのコースにしたので

gc3.jpg
ミネストローネのスープと・・・・・


gc4.jpg
きれいに盛り付けされたサラダがつきます。

fox_01_20120326165131.gifnamida2_20120326165132.jpg 偏食家のこの方
どちらもダメなんですよー。

なので、全て単品注文です。



gc5.jpg
「いらっしゃいませ!」

シェフが私達のテーブルに来てくださいました。

まずはfox_01_20120326165131.gif ママの注文した
エビからです。


gc6.jpg
シェフは楽しいおしゃべりもお得意です

といっても、手元は休む事なく
見事なさばき方で調理が進んで行きます。

どちらにも夢中になってしまって
肝心な所を撮り忘れたのは
このnamida2_20120326165132.jpg アタシ(爆


gc7.jpg

だってねー、ホラ、こんな風に
背中に切れ目を入れて、エビを美しく整形して
サーブして下さるんですよー


fox_01_20120326165131.gif 「めめめめめっちゃ、おいしいっ!」

またこのソースが絶品でして。
残ったソースは、軽くトーストされたパンにつけて
最後まで食べきるおいしさ!

gc8.jpg

私達のコースは“貝柱つき”のコースにしました。

他にも、ステーキのみのコース、エビつきのコースなど
色々ありますよ。


gc9.jpg

調理だけでなく、レモンの絞り方にも
ひとワザもふたワザもお持ちで
披露してくださるシェフ。

ノンアルコールビールの瓶がジャマしてますね、すんません


gc10.jpg

北海道産のホタテ!

中まで火が通るかどうか、という所にしてある
絶妙な焼き具合!

「天然モノですので、甘みもさることながら
 弾力が違うんですよ。」

ソースはエビと同じ。
1滴残さず、パンと共にいただきました


fox_01_20120326165131.gif 3人で、おいしいおいしいを大連発!

gc17.jpg

さあ、それでは“主役”にご登場いただきましょう!


コチラで使用されるおニクは、但馬牛の希少部位“ハネシタ”と呼ばれる肩ロース。
500キロの牛から5キロほどしかとれないのだそうです。

シェフは懇意にしている卸売りの所から買うので良心的な値段で提供できるのだそうですが
場所によっては“4切れで¥6000”位の値段設定になる所もあるのだとか。

gc11.jpg

そうと聞けば、どの様なおいしさなのか
ますます楽しみになってくるじゃあ~りませんか


gc12.jpg

クライマックスにブランデーをかけて・・・

gc13.jpg

ふらんべ!


gc14.jpg

もう、

いただいてまーす!

激爆


すみません
あまりにシェフのお話が興味深いのと、素晴らしい焼き具合のおニクを目の当たりにして
写真を撮るよりまず食わにゃ!
と、パクついてしまいました

gc15.jpg
ソースはポン酢とタレが出されますが

「まずは岩塩で食べてみて下さいね。」

これがまた、めっちゃ、合う!


おニクは適度な歯ごたえと良質のおニクが持つ独特の甘み。

「ああ、いいおニク、食ってるなあー・・・!」

という満足感と満腹感でいっぱい!

お値段も信じられない位、非常にリーズナブル!
新しい高速道路が出来て、今までよりもずっと和田山が近くなったので
是非また行ってみたい大ヒットのお店です。

そして、今回はおやつも充実~

oyatsu7.jpg
城崎の温泉まんじゅう系で有名なのは

“だんじり太鼓”

やね

色んなところから出ていますが
コチラのはおいしいんですよ。


oyatsu5.jpg
ただーし!

小さなお店で日持ちもしないため
少量しか作らないのでしょう。
そして、きっと大口の契約もあるんじゃないかしら、
なかなか店の小売に商品が廻らないんですよね。



oyatsu6_b.jpg
さらには“早いもの勝ち”だけでなく
お店の方の“ひじょ~に上から目線”にも
メゲナイ気持ちが必要です!(爆

そういう事にはメゲナイこの方。

2日間共通って、最後の1箱をゲット。

やっぱり、おいしかったです。


oyatsu1_20120326161017.jpg
新しいところでは
この“えびせん”のお店が
よかったわー!

えびせんに色んな味があるんです。

ふつーにのり塩などの定番系から
地元を押し出した但馬牛味や
イカスミなどの海産物味、
野菜系の味もあれば
ちょっと目新しさを、と言う感じの
フルーツ味系などなど。



店内もしゃれていて、老若男女問わず、大人気の大賑わいのお店でした。
味も勿論、良し

出石では“蕎麦”のスイーツを。

oyatsu2_20120326161017.jpg
“ご当地”に強いスイーツ、と言えば
“ご当地ソフト”

もちろん、“蕎麦ソフト”です!

「蕎麦の味とアイスって合う~!」

1つのカップを半分こしてたんだけれど
くどくない甘さで、これなら最後まで
全部一人で食べきれたと思います。


oyatsu4_20120326161017.jpg
冷たいモノがニガテなfox_01_20120326165131.gifこの方は
大好きな“蕎麦ぼうろ”を発見!

これがまたおいしい“蕎麦ぼうろ”で!

ちゃんと蕎麦粉を使っていることが解る味だし
生地そのものがちゃんとしていました。

後日、安モノの“蕎麦ぼうろ”を食べたら
味が全然、違いました



oyatsu3_20120326161017.jpg
さすがは蕎麦処の出石、蕎麦のスイーツも
充実!ですが、極めつけはこの

“そばドーナッツ”

実はあまり期待していなくて
話のタネ的な興味で買ったのですが
そばの実が入っていて、素朴な味で
おいしい!

今度行ったらまた食べてみたいわ~!
覚えておかなくては。


今回の但馬路の旅も、おいしいものばっかり!でした

- 2 Comments

かづちゃん1544">

かづちゃん1544  

牛なだけに“いっとう”、に、座布団10枚っ!

小鞠ちゃん、こんにちは~!e-44

さすが、見事なギャグですわー!v-424
グルメセンスe-433だけでなく、ギャグセンスもe-267素晴らしい!

コチラのお店、本当においしくてリーズナブルなのですよ。
神戸とかで食べるとビックリするようなお値段v-88になりますが
交通費v-262をかけても、ずっとお安いと思います。

今回は、おやつv-370v-367にも恵まれました。
旅先ではこういう事って、ものすごーく貴重ですよねv-392

2012/04/02 (Mon) 13:51 | EDIT | かづちゃん1544さん">REPLY |   

小鞠  

うほほ(o^o^o)

かづちゃんv-254こんばんはv-483

美味しい物三昧の旅だったのですねv-411

見事なカニさん、出石のお蕎麦etcetc・・・v-339
でもやっぱり但馬牛v-529がいっとう(牛なだけに)気になりますv-441

こんな時間に美味しい物は目の毒ですわv-392
早々に退散しよーっとv-422


2012/04/01 (Sun) 23:35 | EDIT | REPLY |   

Add your comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。